2005年03月18日

オペラ座の怪人

映画を観たら、舞台も観直したくなった。
と、いうわけで、オペラ座の怪人@劇団四季を鑑賞。

開演に間に合うか、間に合わないかのギリギリの所で到着。
汐留、風強いねん。「逆風で進めない」ってイイワケ、あそこならば通じるよ。


Cast(2005.03.18)
オペラ座の怪人→高井治
クリスティーヌ→佐渡寧子
ラウル→内海雅智


四季的発声法が非常に歌とマッチして、とっても心地よく、何よりもファントムの声がセクシーで、もう、メロメロ黒ハート
そりゃあ、映画と比べたら、シャンデリアの落下する所とか仮面舞踏会の場面とか屋上とか色々と華やかさは欠けるけど、やっぱり生声は迫力が違う。それだけで満足。

ところで、クリスティーヌは残酷だと思うのは私だけでしょうか?
ファントムが可哀想っていうのは、ちょっと違うんだけど、ファントムをズタズタに傷付けてるのはクリスティーヌの中途半端な優しさで、それは酷いんじゃないかい?って思うのは私だけだろうか??
おっそろしく解釈が甘い、とは思っている。
が、クリスティーヌは残酷だ。

中途半端に優しいのは、すごく人を傷付ける。

ぅん。私情が絡み過ぎている!!
posted by hime-cat at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2537874

この記事へのトラックバック

ニューイヤー・コンサート1989&1992
Excerpt: 日本人の私には、ウィンナワルツの「真髄」を理解しきれないせいもあり、毎年正月のテレビ放映を楽しく視聴しつつも、本音を言えば頼まれても行かないであろう、と。勿論ディスク購入には至りませんでした。ただし!..
Weblog: みやびのblog
Tracked: 2008-02-08 06:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。